ミレットおばさんのマクロビオティックなひとりごと

millet3.exblog.jp

茨城県水戸市のマクロビオティックの店「食の提案スペース ミレット」のブログです。milletmito.com

<   2009年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ユウスケの休暇

お料理教室の試食も終わり
みなさんで洗い物をしていた時
電話がなりました。

「今、水戸駅に着きました。
お迎えお願いできますか?」

ユウスケが帰ってきました!

私はいそいそお迎えに・・・・

「おかえりなさ~い」

みなさんの歓声に迎えられ

「ただいま~」

いろんなできごとを
早口で話しても
追いつかないくらい・・・。

早速、彼の淹れたコーヒーを
おねだり。
c0152284_1425486.jpg


食生活は
マクロビオティックとは
いきませんが
マクロビオティックの世界を
彼なりに展開させているようです。

就活の勉強をしに行って
逆に望診をして
ちゃんと
食生活のアドバイスまで
してきたとか・・・・?

彼の中に
マクロビオティックは
生きているようです。

写真をみせてもらったり
はなしがつきないまま
日付が変わってしまいました。

日曜日までの
短い休暇

ミレットで
楽しんでいただきましょう・・・・
って企んでいる母です。
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-30 01:48 | ミレットファミリー
今までの
「アレンジクッキング」を
「しあわせマクロのごほうびクッキング」と
少々長いのですが
名前を変更しました。

で、今日は「9月のお料理教室」

栗ごはん
ヒエの焼き魚風
煮麩じゃが
蒸しナスといんげんの生姜醤油和え
甘酒のカップケーキ

c0152284_1161967.jpg
c0152284_1164549.jpg
c0152284_1171100.jpg
c0152284_1182510.jpg


今回、初めて参加の方もいらしたので
先日の久司先生のお話を中心に
マクロビオティックについて
みなさんと一緒に確認しあったような
感じになりました。

みりんも使わないのに
甘い仕上がりの煮物

お砂糖を使わないのに
じゅうぶんな甘さのカップケーキ

雑穀のもどき料理の変身ぶり

マクロビオティックのしあわせ気分

楽しくお伝えできたでしょうか?
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-30 01:26 | 今日のミレット

久司道夫先生講演会

9月27日(日)は
久司道夫先生の講演会でした。

スタッフのカトウさんとHちゃんと
朝、特急電車に乗り込みました。
久しぶりに
生の久司先生にお目にかかれる!
うれしくてワクワク。

?いつもと違う気分・・・
そうです。
ユウスケが一緒じゃないんです。

今回、ユウスケは栃木から
帰ってこられず
参加できませんでした。

不思議な気分でした。

ユウスケは
しっかり生きて
自分の世界を作ろうとしている。

今回、やっと
私自身のためだけに
久司先生のお話を聞きに出かけられる。

こんなにも
心が緩やかになって
先生のお話を聞ける日が来るなんて
なんて幸せなんだろう・・・と

ちょっと、それだけでも
ウルウル気分。

会場は調布グリーンホール
お昼に到着して
ホールで
持参の玄米のおにぎりを
パクついて準備はOK。

お料理教室の方や
知っている方の多いこと。

1300人の拍手に迎えられ
あこがれの久司先生が
にこやかにステージに登場!

テーマは
「個から広がる世界平和」

「こんにちは。私が本物の久司道夫です」
あ~、おちゃめなお話ぶりは変わってらっしゃらない。

「私が15,6歳の時に、
秋田の千秋公園のいやたか神社(漢字変換できません)に
行った時、自分も大地も空も木もみんなパ~っと金色の光に
包まれたんです・・・」

っと、お話が始まって・・・・

先生が多感な中高生の時期に
過ごされた秋田の地が
私の故郷であることを思い出しました。

千秋公園は秋田駅から近く
市内の中心部にあります。

学校帰りの寄り道
桜の時期にはお花見
毎年の初詣

私には光に包まれたような
異次元の体験はありませんでしたし
それを「波動のオーケストラ」と
感じるであろう感性も
「我々の存在が光そのものなのだ」
などと思うに至る意識も
あいにく持ち合わせては
おりませんが

時空を超えた導きによって
先生と出会えたのかもしれない・・・
などと、ひとり妄想へと浸っているうちに
お話は進んでおりました。

「人間の命を養うことを知らずして
世界平和はないのです」

「食べ物の波動」から「想いへの変化」が起きるのです。
食べ物に誤りがあると
波動化する時に怒りなどを生み出し
病いを引き起こすんです。

先生がパネルを使って説明してくださいました。

人類が食べ物をおろそかにすることによって
引き起こされる問題は

ガンなどの病気をはじめ
エイズ、肥満、離婚、自殺、貧富の差・・・様々です。

しかし、
個々のマクロビオティック化は
様々な問題を
解決の方向へ導いてくれるものだと
実感もしました。

先生からの質問
人類史6000年の中で
ここ数十年の急激な人口増加はなぜ?

先生によると
一定の地域にできる穀物を食べているだけでは
人口の激増はないのだそうです。
交通、貿易の発達により
食糧圏が広がると
見合うだけの人が増えるのだそうです。

最後に先生からの「定義」としてのメッセージ

「愛とは何か?」
その人、その人々の命と夢の糧となって死ぬことである。

母の愛のような力強い穀物をはじめとする
食べ物の愛。
水も空気も人類を支える大きな愛なのです。

「幸福とは何か?」
幸福とは限りない夢を追い求めていくその毎日にある。

心の安定、物質の安定を求め
でも、決して達成されるものではなく
生きていく限り夢があって
夢を追う毎日の自分の日々にある。

「では、夢とは何か?」
夢とは、自分が無限であるということを
実証することである。

無限の世界からの
とこしえの命の旅のたまゆら日誌である。
光であり、大地、空から波動をうけ
宇宙とひとつになる。
人々のために愛を、
その命や夢の糧になる。

全人類の幸福の糧になること。

「人生の学びとは?」
たまゆらのとこしえの命を知ること。

水、空気、波動の世界、無限の宇宙に帰る
学ぶことは、心を無限に近づける学び。

天、地、人を見て学ぶ。
書物によって学ぶ。
命を知る勉強をすることである。

深い、ふか~い
愛にあふれた3時間に及ぶお話の後は
先生から
宇宙からの愛の波動のプレゼント

いつも、セミナー最終日の最後の締めは
この波動のプレゼントでした。

今回はなんだか実感できました!
柔らかいふわふわの感触が
手の中でフニュフニュと
私を押してくる感じでした。
目をあけると
手がジ~ンとして
胸が熱くなってきました。

感じ方はみなさんそれぞれのようですが
今までにない実感でした。

自分の中で
「新しい未来に向かって
歩き始めなさい。」
と、ささやかれたような気がしたのは
錯覚でしょうか?
いえいえ、そうだと信じたいです。
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-29 00:24 | 今日のミレット

ヒエフィッシュ

「エビのフィッシュってなんですか?」
と、問われ
「すみません、ヒエです」

秋になると
さんまをイメージして
ヒエのお魚風→ヒエフィッシュが
なぜか食べたくなります。

今日のミレットランチは
c0152284_21515856.jpg

「ヒエフィッシュ」

かば焼き風にするときもありますが
今日は「秋刀魚風」です。
c0152284_2144549.jpg

板麩にのりをしいて炊いたヒエをはさんでくるみます。
油を塗ってオーブンで焼いて焦げ目をつけて焼き魚風♪
来週のお料理教室で実習します!

「煮じゃが」
いつもは
煮麩じゃがですが
今日は麩が入っておりません。
その代わりというか、切干大根が入っています。
甘みとうまみがでます。

「秋味彩サラダ」
ニンジン、レンコン、かぼちゃ、カラーピーマンを
梅酢とマスタードと胡麻油でマリネ
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-26 21:53 | 今日のミレット

お留守番リゾット

このところ
主人ひとりのお留守番が続きます。


バッフェスタイルのレストランでも
お粥のお代りを
3回もするほど
お粥大好きな主人

美輪さんにでかけるにあたって
「何をつくっていったらいい?」
という私に
リクエストされたのは
「具だくさんのリゾット」

あいにく
玄米は炊いていなかったので
雑穀ミックスなるもので
リゾットを作ることに。

c0152284_21302485.jpg


「何でも入れりゃあいい」
っていうもんでもないけど
とにかく、残り野菜を一緒に
お鍋いっぱい煮込みました。

帰った時には
もちろん、からっぽ。

おかげで・・というか
いつものことですが

ゴマ塩係は
入れ物をきれいに
洗ってくれました。
c0152284_21334921.jpg


それから
「柿渋コート」なる
安全なコート剤で
お店の外のデッキを
塗ってくれておりました。

ミトンとも
仲良くお留守番をしてくれました。
◎です。
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-26 21:40 | ミレットファミリー

美輪さんで親孝行

今回で何回目になるでしょう・・・?

春は観劇、
秋はコンサート

23日は
銀座まで
美輪さんのコンサートに
出かけてきました。

毎回、Rちゃんに
良い席を予約していただいて
母を連れて
お上りさんをしてきます。

9月27日は母の誕生日
敬老の日もあるということで
いいプレゼントになりました。

「もう、行かなくてもいいよ」
と、弱気な母を

「行けるうちには
毎年楽しみにして
出かけよう」

と、連れ出しました。

お互い、旦那様には
お留守番をしていただいての
お出かけです。

朝から一日分の食事の支度をしてから
出かけるので
そんなに時間の余裕は作れません。

「銀ブラをしたかった。」
という母に
「夜はどっかで食事しよう」
と、なだめておきました。

年々、母の足が弱くなっているのが
わかります。
移動時間も自分で考えるより
3倍の時間を見込みます。

母は、
「歩けて幸せだ」
何回も言います。

美輪さんは
母より、5,6歳くらい若いだけなはず。

なのに、あのパワーは
お化け級!

そして、78歳になる母に
「私も美輪さんに負けていられない!」
っと、元気をくださる
すごい人です。
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-25 23:58 | ミレットファミリー

ハッピーニュース!

カオリンがお母さんになりました!

マクロビオティックを始めて
2年近く。

妊娠期間も特に体調を崩すこともなく
順調に過ごしてきた彼女。

初めてなのに
助産院で産むの?
という声もありましたが、
彼女の選択は
間違いないようでした。

畳のお部屋にしかれたお布団の上に
小さな命と
穏やかや顔をしたカオリンがいました。

家族の介添え人としては
ご主人だけを許し
本当にふたりの
共同作業として
新しい命を迎えたようです。

とても病院では
かなわないであろう
出産シーンでは
なかったでしょうか?

両親にこんなにも愛されて
この世に生を受けた
ハルト君に祝福を!

「日に日に顔が変わってくるの」
「赤ちゃんの匂いがたまらなく気持ちいい」
「かわいくてかわいくて・・・」

もう、すっかりお母さんになっていました。

一緒に行った独身女性二人も
かなり刺激をうけたようです・・・が?

陣痛の合間に体力がなくなって
玄米のおにぎりをほおばって
がんばったそうです。

「こんな人見たことない」と
助産院の人も驚いていたとか。

「玄米パワー」
やっぱりミラクルです。
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-22 00:36 | ミレットファミリー
20日は
第三日曜コース4回目の
トータルライフクッキング(TLC)でした。

c0152284_23405748.jpg

圧力鍋で炊く雑穀入り玄米ご飯
甘くておいしい栗が届きましたので
贅沢な栗入りごはんです。
c0152284_23411584.jpg

お豆腐ステーキ、青菜のお浸し
c0152284_23413385.jpg

切干大根の煮物
c0152284_23415249.jpg

白玉団子のお吸い物は
蒸したかぼちゃを練り合わせた白玉にしてお月見風
c0152284_23421962.jpg



21日は祝日コースの7回目
テーマは<秋のお食事>
c0152284_2349092.jpg

c0152284_2353211.jpg

ネギがたっぷりと高野豆腐、ニンジン、ごぼうの炊きこみごはん
かぼちゃの実ソバそぼろあんかけ
テンぺ入り蒸し大根、ニンジン、レンコンのサラダ
テンぺはお醤油とリンゴジュースをあわせたタレで煮きります。
ネギたっぷりの中華風スープ
ヒエの甘酒ケーキ

おめでたい話が続くミレットですが
この日も
10月に結婚を予定されている
彼女を送っていらした彼をお誘いして
一緒にお食事を楽しみました。
とっても幸せそうで
ウルウルしていまいそうでした。

ちゃんと後片付けを
積極的にお手伝いしていかれました。
感心、感心・・・・♥
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-22 00:00 | 今日のミレット

独身のお楽しみ

お料理教室に参加してくださった方同士が
親しくなって、プライベートでもお付き合いが
始まることってうれしいです。

年齢が近かったり
妊婦さん同士だったり
もちろん気があったりして
お教室で早速メルアドの交換

先日も、
振替で参加してくださった方が
他のクラスの方と
意気投合して
突如飲み会のお約束

ついでに居合わせた
私とカトウさんもお誘いいただいて
合流することになりました。

思えば
私ひとりで飲み会に参加など
もしかして
水戸では、初めてかも・・・
いつも
ユウスケや主人がもれなく付いてきたから。

ワクワクしすぎて
静かな小料理屋さんというのに
「きゃ~」と興奮しておじゃましてしまった。

和服のママさんが
カウンターでひとりで
粋な感じで仕切っていらっしゃる。

男の人が
ひとりで静かに
杯を傾けるのが
似合いそうなお店に

にぎやかなおばさん5人で
カウンターを陣取って
飲んでいた。

お酒のブランドに詳しい方の
うんちくに耳を傾け
いろんなお酒をいただいた。

「100年の孤独」という
プレミアがついて
なかなか入手できない
焼酎もいただいた。
味はともかく
ネーミングに魅かれた。

家族から解放されてういれしい・・・というより
こんなお付き合いも
なんだか楽しい。

カトウさんを除いて
みんな、子育てが一応卒業した母たちだ。

「パパさんの許可がおりたの~」
っと、喜んで言ったら
「それって、ミレットさんのイメージじゃない!」
って、驚かれた。

私ってよほど
自由奔放に生きてるように
見えるらしい。

そこで、
旦那様の呼び方について
話題になった。

人に話すとき
夫(おっと)か
主人(しゅじん)というか?

夫派3人
主人派2人
苗字で呼ぶという方もいたけど・・・

実はカトウさんが
「夫と・・・・」と話しているのを聞いて
「オット・・・ってなんか、おかしい」と
私は笑ってしまった。
なぜなら、オットセイを想像したから。

でも、「オット」と呼ぶのが
どうやら普通らしい。

そこで、もう一人の「主人派」の方の弁。

「夫と呼ぶ人は相方を同等と考えている人
主人と呼ぶ人は相方をちょっと目上の人と考えている人」
と、定義付けされていた。
・・・・深い。。。
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-21 23:28 | 今日のミレット

この頃のミレットランチ

9月9日高キビと実ソバのハンバーグ
c0152284_22122460.jpg

9月10日 炊き込みご飯の日
c0152284_22185567.jpg

c0152284_22124648.jpg

9月11日 ヒエのお魚風
c0152284_22131675.jpg

9月12日 酢麩多
c0152284_22133737.jpg

スィーツはリンゴ寒天とヒエの甘酒ケーキ
c0152284_2214286.jpg


秋めいてきたというのに
丹さんのお野菜が夏まっさかり?
なす、とまと、モロヘイヤ、オクラ・・・
秋バージョンに仕上げるのに
四苦八苦しております。

そろそろ大根が食べたくなりました。

かぼちゃは救世主です。

c0152284_22271314.jpg

ユウスケからもらったカブ
塩で漬けて
みんなで少しずつ
味わっていただきました。

なんだかうれしいです。
[PR]
by milletmacrobi | 2009-09-21 22:27 | 今日のミレット

茨城県水戸市のマクロビオティックの店「食の提案スペース ミレット」のブログです。milletmito.com


by milletmacrobi