ミレットおばさんのマクロビオティックなひとりごと

millet3.exblog.jp

茨城県水戸市のマクロビオティックの店「食の提案スペース ミレット」のブログです。milletmito.com

天使のシッポ

ミレットファミリーのアイドル
アトラン

仰向けになって
ひっくり返って寝る姿も
無邪気で好きだけど
c0152284_046516.jpg

この寝姿が
気持良さそうで
好きだ。


7月25日で14歳になった。

犬年齢では高齢だけど
私たち家族にとっては
いつまでも3歳くらいの
次男坊感覚

7月30日の真夜中
突然苦しそうな鳴き声をあげて
震えだした。
なんか苦しそうだ・・・おかしい

意識を失いそうになっている。
思わず
「アトラン!逝かないで!
戻っておいで!」
と声をかけた。

少し落ち着いたところで
24時間やっている動物病院へ駆け込んだ。

聴診器をあてたその医師は
「お腹の調子が悪そうです」と
抗生剤の注射をして
整腸剤のお薬を処方した。

・・・おかしい
お腹もさわってくれないなんて・・・
お腹の調子じゃなさそうなのに・・・

午前3時
不用意に見知らぬ医師に診せたことを
後悔しながら
眠れぬ夜をやりすごした。

震えが止まらず
もはや立てなくなっている。

翌朝、
とにかく熱があるので
キャベツ湿布をして
生姜とごま油で腰をマッサージ
お手当て開始
気持ちがいいのか
おとなしく寝ている。

お水は自然回帰水のゴールドしか
口にしない

加藤さんの
「私ががんばりますから
アトランの手当をしてあげて・・」
という心使いに甘えることにした。

7月2日の土曜日
少しいいんじゃないか?
というのんきな主人に
「いいから連れてって!」と怒鳴っていた。

今度は、ちゃんとお客様にリサーチして
全員がお勧めしてくれた病院へ。

「入院することになった・・・」
主人だけが帰ってきた。

泣き出しそうな気持をおさえて
お店が終わってすぐ面会に・・・

「ワンワン・・・!」

・・・ん?
あれは、アトランの声

名前を呼ばれて行ってみると
「なんでこんなところに
僕だけおいていくんだよ!
出してよ!出してよ!」

ずっと鳴いているらしい。
たしかにアトランは怒っていた。

翌日のお昼、また面会に行った。

「なんでまたおいてったんだよ。
もう知らねーよ・・・」

完全無視を決め込んでいる。
やっぱり怒っている。

月曜日の夜
お店が終わってからまた面会に。

もう少し様子が見たいという医師に
「メンタル面が心配だから」と
翌朝連れてくることを約束して
とにかく家に連れて帰った。

朝、ふらふらとしながらも
お散歩に行った。
少し元気を取り戻している感じだ。

夜、検査の結果次第では退院。

「アトランちゃんの寝姿ってかわいいですね。
ひっくり返って寝るんですね」
っと、看護婦さん。

「いつもなんですけど
ほかのワンちゃんはしないんですか?」

「う~ん、しないことはないけど
病院のケージの中でひっくり返って寝る子は
めずらしいですね」
っと先生。

昨夜、「メンタル面が心配・・・」っと言った自分は
かなりの親バカに見えたに違いない・・・はずかしい

ってことで、無事退院。

やっと、また平和な日常が戻ってきた。
アトランといる幸せな時間を
大切にしよう・・。

尿路結石と
睾丸の細菌感染による炎症の
ダブルで襲われて
かなり苦しかったらしい。

大好きな
天使のシッポが
帰ってきた。

c0152284_0464624.jpg

[PR]
by milletmacrobi | 2008-08-11 00:53 | 今日のミレット

茨城県水戸市のマクロビオティックの店「食の提案スペース ミレット」のブログです。milletmito.com


by milletmacrobi